唐仁原俊博

a0076161_23471538.jpg
 5月27日、株主総会にて、私に代わって総裁になるというクーデターを起こした男である

 彼は、実質旗揚げ公演の第2次笑の内閣に出演して、それ以来の付き合いだが、それ以降はオファーを断り続けていた。それが、アゴラが決まったとたん、しゃしゃり出て関わりたいと言ってくるならまだしも、内閣を乗っ取るとは、本当に盗人猛々しい奴である。しかし、エグゼクティブアドバイザーとして役に立ってるので不問である。演出がしょぼいという内閣最大の弱点を小城名手余会っているのである。
[PR]
by waraino-naikaku | 2012-07-28 23:46
<< 嵯峨シモン 高間響 >>