山のあなたの空遠く  「幸い」住むと人のいう

きょうは光にみちた、もの思わしげな日。
蝉の鳴き声が響きわたる夕焼けのなか、長くのびた影をひきずりながら、虫取網をかついで歩いていく少年の背中が、なんだかいつかの夏休みの幻のようで無性に遠くへ行きたくなってしまいます。

ユラです。

7月31日は愛宕山の千日詣り。
太郎坊や空也上人が呼んでいるような気がしたので、つい登ってしまいました。

a0076161_20382342.jpg

内閣の皆さんすみません。
明日は出発だというのに疲労で動けないかも知れません。
a0076161_2041646.jpg

という、白昼夢を見ました。

残念ながら準備に追われて今年は山に登れそうにありません。(写真は去年のものです。)
仕方ないのでせめて気持ちだけでも登ってきます。
a0076161_2045581.jpg

後殿への回廊。
死屍累々という感じですね。
a0076161_2048539.jpg

行者さんの火伏せの様子。

初めて千日詣りに行った2年前、山頂は濃い霧におおわれておりました。
霞がかった闇の中に、行燈や提灯のあかりがボンヤリと浮かんでいる様はこの世のものとも思われず、もしや天狗の隠れ里にでも迷い込んでしまったのではあるまいかと思いました。

夜明けまで待てばいいのに、その日は午前1時ごろに山を降りてそのまま歩いて家まで帰りました。
あの夜はいったい何キロ歩いたんだろうか?
実にすがすがしい夜でした。
a0076161_2183232.jpg

七合目の展望所。
参拝客で賑わっています。
この間の大雨で被害を受けたらしいです。
ここからの夜景を今年も見たかった。

来年だれか行きませんか?
[PR]
by waraino-naikaku | 2012-07-31 21:17
<< 東京公演の思い出。 東京遠征 まぢか☆マジか…。 >>