<   2007年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

カード決定

カードが決まりました。

第1試合 人間対家電マッチ ダメ社長安東弘樹 VS 人格を持つホウキ
第2試合 どっちが萌えか、観客投票マッチ 場末の女王・クラブ魔界のママVS 帰ってきたツンデレメイド・ななかリターンズ
第3試合 日本列島ダーツの戦い 蘇る緑狼・野生のガチャピン VS 謎のストリートファイター
第4試合 体重差135キロ対決 動く奇跡・アブノーマル・ザ・ブーチャン VS 25歳未経験DJ・DTオズマ
第5試合 史上最大危ないネタ対決 アフター5の堕天使・ブルセラセブンwithブルセラの妻 VS 西成の女王・あいりん様
第6試合 セミファイナルくらい真面目に1本勝負 亀岡の猛虎トラッキーマスク VS 戦う副大臣・保瀬清
第7試合 観客席サーベル振り回し乱入メイン 亀岡の新星・伊達政人 VS 近所の狂虎タイガー・ちっく・シン

 です。第5試合のみ、もう一人男の子の返事待ちがいるので、その子が来た場合男子選手に変更の場合があります(てか、女性選手じゃ浪崎が躊躇しちゃう恐れがある)が、ほぼ決定です。どれも魅力たっぷりのカードです。去年とは比べ物にならないレベルで、今年は去年ほどふざけません。それでも十分笑い・感動・拍手が取れるレベルになってるからです。今週一週間で、各役者の希望も踏まえたうえでブックの組み立てです。まあ、大方の予想通りグダグダだったらしいIGFよりはおもしろいはず。ご期待ください
[PR]
by waraino-naikaku | 2007-06-30 05:46 | 稽古場日記

プロレス稽古

浪崎です。
今日は佛教大学でプロレス練習。
毎練習ごとに続々と新キャラが登場し、ワクワクな稽古ですが、その新キャラに毎回毎回初歩の受け身を教えてくれるプロレス研究会のみなさんには感謝しすぎても足りないくらいです。
ガンガン技増えて来ましたよ。
なんとかボムとか、ドラゴンほなゃらら、バックなんとかロップとか。
この技をどうブックに下ろすかが問題です。まだまだ役の設定やらイメージ、実際のプロレスなど研究することはたくさんす。
大阪プロレスにいずれ行くらしい。こりゃ必須ですな
[PR]
by waraino-naikaku | 2007-06-29 00:23

一年ぶりだぜ! by野口

一年ぶりに久々にプロレス練習に参加しました。
めっちゃ楽しいよ!回るよ!飛ぶよ!関節を固めるよ!
なんだ、俺の体まだまだ動けんじゃんよ!
ちょっと心配だったけど逆に大満足の練習となりました。
ただ出席者がが少なかったのが寂しいな。
みんな一緒にプロレス練しようぜ!ファイヤー!!!!!!

ども、お目汚しですんまそ。
[PR]
by waraino-naikaku | 2007-06-27 22:00 | 稽古場日記

稽古やったよ byちっく

なんかねー、私は今日芝居練は初参加だったのよ。
あんまり人集まらないけどとりあえず読み通し。助演出なのでキャスティングにかむことに。うーん、キャスティングって悩むよね。とりあえずみんなには私は笑の内閣の団員だと思われているような。違うんだけどね。まあ、いいや。
ということで、キャスティングは進んだようで。まあ、いい公演になる予感。
がんばろう。
[PR]
by waraino-naikaku | 2007-06-27 02:45 | 稽古場日記

一年ぶりの更新だ!

 せっかくの空梅雨だというのに家に閉じこもってパソコンなど見ている日までもてない下々の諸君ごきげんよう。われこそが笑の内閣総裁高間だっ!第6次笑の内閣もいよいよ指導。稽古場日記も復活だ。本日は佛教大学でプロレス練習だったのだ。有意義であった。

 脚本もそろそろ出来上がる。いかがあらすじだ。まあ、楽しみにしてくれたまえバッドラックだ

 2006年夏。亀岡市にある中小企業新日本タバスコは、業績はいいのに社長の安東が趣がプロレス好きのあまり、会社の金で亀岡市民プロレスなる団体を運営しているため赤字続き。そこをつかれ、悪徳証券会社ヒビサマファンドにM&Aをしかけられ、プロレスで決着をつけることに。眠れる才能をもった新入社員伊達政人の活躍で見事撃退したのであった。

 それから1年。亀岡市民プロレスは絶好調であった。ヒビサマファンドを撃退したことにより人気も上がり、亀岡市長越糠市長の後援会長を安東が努める関係もあり、市内の小学校の体育館やガラス張りの多目的施設ガレリア亀岡など、市の施設を安価で借りるなど経営も安定していた。越糠市長も、11月の市長選では強力な対抗馬もなく再選は確実・・・と思われていた

 しかし、突如安東の娘であるひろこが出馬宣言。ひろこはかつて、安東がプロレスにはまるあまり、母が愛想をつかして出て行ったことをうらみに思い、亀プロをつぶすため市長選に打って出たのだ。さらに、前回推薦をくれた与党は、今回ひろことどっちに出すかを迷う始末、このままでは再選がピンチ

そして、ひろこの裏には昨年の雪辱を晴らそうとするヒビサマファンドが選挙資金提供をしていたのだ。ヒビサマファンドはひろこを傀儡に、経団連の悲願である亀岡市を残業代タダにできる悪徳法案、ホワイトカラーエグゼンプション法案を試験的に取り入れようと企んでいたのだ。

 このままでは、亀岡は過労死の町になりまともにプロレスが出来なくなる。話してるうちに、なぜか再びプロレス大会を開催し、勝った方に与党の推薦がもらうことに、推薦をとった方が選挙に勝つのは確実。絶対負けられない戦いがここにはじまった
[PR]
by waraino-naikaku | 2007-06-22 02:08 | 稽古場日記