<   2011年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

にゃん吉便り3~無謀編~

27日は通し稽古でしたよー。

役者、全員集合でした!
素敵!

魅力的な役者がたーくさんいらっしゃるのんで素晴らしい芝居になりますよー!
しかしながら、僕はまだまだ台詞がおぼえられてないですね。興奮すると台詞が飛ぶ飛ぶ(汗)

しゅっと台詞を覚えてしっかり作り込みたい!

ぎゃんばるぞ!
[PR]
by waraino-naikaku | 2011-12-28 01:49 | 稽古場日記

にゃん吉便り2~勝手に編~

脚本がゴリッと出来上がりましたー!

あとは覚えるぞ!


あ、菅原陽樹です。

今日ば説明会゙シーンを読んで読んで…な感じでした。

演出の響は絵を描くのが上手いことが判明したよ。

菅原タイル君がムードメーカーだった。
タイル君のバイト先での出来事はとてもここには上げられません(爆)
みんなも気を付けるんやー!


あ、努力クラブと月面クロワッサン!公演するからみんな観にいくんやー!
[PR]
by waraino-naikaku | 2011-12-20 23:42 | 稽古場日記

森麻子です

寒くなると、ひもじい時とてつもなく切ない気持ちにさせられるものです。
浪費家である自覚がある私は、いつも外出の度に手袋や防寒具を忘れ、そして道を忘れ、打ち震えるしかないのであります。

おはようございます月面クロワッサンの森麻子です
稽古場日誌って、いつ聞いてもドキドキする響きですね。日誌って。おま。キュン。

今回、はじめての客演ということで中々緊張を解せず、ただただ柔軟体操に精を出しています
せっかく稽古場への移動時間を短くするために中古の自転車を購入したのに、勤務先に自転車で行けないため毎度徒歩かバスです……意味は皆無か。
そのカゴはただフレ◎コで買った野菜を落とさないためにあるのか

えー真面目な話をはさみます
毎日、非常にタメになる稽古場です
皆さん年齢的にも先輩が多く、あらゆる話が飛び交うので、聞いているだけで退屈しません。
というか我儘過ぎると思いますよ、正直、こんなに面白い人達が一所に集まっていて
いいのかい

今回もバキバキ身体を動かして魅せていく役どころなので、かっこよい台詞を駆使しつつ、舞台中使って、なんだあの女は、と思っていただけるようにせねばと意気込んでおります

そういえばね、コンビニで出たパイの中にシチューが入っているあれをね、食べたんです
手で持てそうだったので、あーんとしてかぶりついたら、パイの中にプラスチック容器が仕込まれていました

パンは、プラスチック容器のお洋服部分だったわけです
仕方なく、手でパンをはがして容器の中のシチューに浸して食べました。なんぞこれ


ケンタキーのパイのシチューを食べたことがある人に泣きついてみようと思うわけであります
さーて、台本読みます
[PR]
by waraino-naikaku | 2011-12-17 12:46

にゃん吉便り1

どうも。今回、笑の内閣に参加致します。菅原陽樹(すがわらはるき)です。


前回は吉田寮食堂でのコントに参加して噛み倒しました(爆)

今回はどうなるでしょう?早口とか苦手ですが、今回は長い台詞を一息で言わなきゃならないようで…。
不安です。


しかしながら今回は初めて共演する方が沢山いてとても楽しみです!

菅原タイル君と丸山交通公園は普段も演技でも良いコンビだし、役の上で相棒になる吉田寮芝居部の中西良友君は真っ直ぐな演技をされるんで毎回癒されております。

以上の三人は僕と同じシーンが多々あります。一つ問題がありまして…。


みんな背が高い!(180cmクラス。僕は167cmくらい)


四人で並ぶと僕だけ低くて小物感が…(泣)
ずるいぞ!みんな!


そして先日拝見した月面クロワッサンの森んちゅこと太田了輔さん(180cmクラス)と森麻子さん(セクシー女優)。
佛大の鈴木ちひろさん(これから役者として伸びていくんだろなー)。


そしてそして何と言っても未踏座の後輩との共演が楽しみ!
髭だるマンとキタノ万里。お二人の演技に注目だね(にやりっ)。


早く台詞を覚えるぞー!
[PR]
by waraino-naikaku | 2011-12-16 02:01 | 稽古場日記

THIS IS WAR ! (ノッてきたぜ!)

明日は真珠湾の日。
太平洋戦争開戦から70年目に観たい映画は、「パールハーバー」でも「トラトラトラ」でも「ならず者部隊」でも「シン・レッド・ライン」でも「ザ・パシフィック」でもなく

1941

憶えている人がどのくらいいるのだろうか、スピルバーグが若い頃に撮ったこの品性のカケラもないおバカ映画。

クリストファー・リーが変顔さらして海にたたき落とされたり、三船敏郎があまりかぐわしくない仕事をしたり、ロバート・スタックが「ダンボ」を観て涙ぐんだり、ダン・エイクロイドが内海賢二ボイスでアジ演説をぶち上げたり(聞いてみたかったな吹き替えのトゥリー演説)、ジョン・ランディスが埃まみれでカメオ出演したりする映画です。

大人の事情でなかったことにされてる作品ですが、あの異常なテンションが大好きです。
内閣関係者にはオススメの一作。

あのくらいの異次元のバカを一生に一度はやってみたいものです。
あとがどうなるかなど知ったことではありません。

でもせっかくだから、明日はエミール・クストリッツァの「アンダー・グラウンド」を観ます。

ユラです。

きのうは打ち入りでした。
憶えているのは、12月だというのに鴨川の水がまだずいぶん温かったことだけです。

帰ってきて眠ったのは午前2時過ぎ、そして目が覚めたのは午前4時半。
2時間ほどしか眠れなかったので頭がぼんやりしております。
誰かゆうべ何があったか教えてください。

最後に一言、1941の主役はだれがなんと言おうとジョン・ベルーシです。
[PR]
by waraino-naikaku | 2011-12-07 11:28

ダントンの逆襲

フランス革命ネタなら「ダントン」も面白いと思います。

ユラです。


君に何が分かる!?民衆のことなど何も!
酒を飲まず、髪粉を振り、剣を見ただけで卒倒し、女も抱かない君が!
誰を代弁できる?
君は人間ですらない!
民衆とは何か街に出て教えてやる



この後ダントンとロベスピエールがほんとうに盛り場に繰り出して、デ・ムーランたちも交えて殺陣ありダンスありの乱痴気騒ぎを繰り広げるというのはいかがでしょうか?

低俗だと思ったらイイネ!してください。
べつになにも起きないけど。

上の台詞は映画「ダントン」の一場面。
民衆の幸福のためと言うロベスピエールをダントンが揶揄するシーンですね。

自分のことを指摘されているようで耳の痛い発言です。
普段、家の外で猫をかぶっている間、僕はだいたいそんな感じです。
家の中ではその限りではありません・・・・・・たぶん。

清貧を美徳とし、厳格な精神の持ち主だったロベスピエールとは、友人にはなれなくても、波長が合ってしまいそうなところが怖いです。

民衆ってなに?おいしいもの?
[PR]
by waraino-naikaku | 2011-12-05 22:03 | 稽古場日記