<   2012年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

帰ってきたD.J.(どっちつかず じゃん)

はてさて、自己紹介から久方ぶりですな。
浪崎殿は北海道を訪問できませぬ故、代わりまして拙者が、
このD.J.が、あぶない教授・森島役を埋めてしんぜようぞ。

なんだか妙にかしこまってしまったのは月日によるものか、
それとも忍者NINJAカフェとやらに足を踏み入れた影響か。
案外楽しめましたぞ、あそこは。

キャストがガラッと名古屋公演終了の節目を機に入れ替わりまして、
ますます奇天烈具合に拍車がかかる第16次笑の内閣。
ダレ気味な部分をコンパクトに抑えたり、
会話のテンポを突き詰めたり、
頭のおかしい振る舞いをしたりと試行錯誤は続いております。


今日、またひとつ下ネタが増えました。やったね!(?)
[PR]
by waraino-naikaku | 2012-08-31 22:23

再始動。

皆様ちょっくらご無沙汰してました橋本源氏ですごきげんよう。

実は私は名古屋公演とドン被りで大阪の劇団に出演していたため、しばらく内閣戦線を離脱しておりました。

しかし!
今日やっと復帰!
札幌公演まで時間無いゼ!
てなわけで頑張りますm(__)m

同じ古谷という役をやってきたまさきちゃんは一足先に終演なのね。
見劣りしないように源氏版古谷をしっかり確立させていこうと思っちょりますよ。

ちなみに今日の稽古場では私が最年長だったのですが、皆が下ネタで盛り上がるから内心どうしようかと思っておりました;;
演技指導の一環で唐仁原さんが私に迫ってきた時に、リアル悲鳴をあげたのは内緒だ!
[PR]
by waraino-naikaku | 2012-08-30 23:59

札幌から出演のイトーです

どーも、札幌公演から参加の伊藤純也(劇団オレと松本)です!

東京、名古屋公演で合田団地さん(努力クラブ)が演じられた杉山役を引き継ぎ、札幌、大阪で演じさせて頂きます。

団地さん、お疲れ様でした!!団地さんが作り上げた杉山に負けないように頑張ります!!


さてさて、出演が決まって以来、人見知り爆発で稽古場で浮き気味だった伊藤ですが、最近ようやく皆さんと打ち解けてきました。

どれくらい打ち解けたかと言うと、これくらいです。


a0076161_154174.jpg



別にいじめられているわけではありません。

打ち解けてきたんです!!


えと…、こんな感じで明日も稽古頑張りまーす!!
[PR]
by waraino-naikaku | 2012-08-30 23:56 | 稽古場日記

ぽお

名古屋までの合田団地(努力クラブ)です。
杉山を演じていましたが、もうここまでです。
北海道以降は伊藤さん(劇団オレと松本)がやります。

僕に限っていえば、一足先に終わりましたので、感想を。
杉山という役だったんですけど、出番は少ないわ科白もどんどん削られていくわで、この役うまみあるのかしらんと思っていましたら、いざ本番入ってみるとなかなか難しい役でした。
なんで難しいねやろうかと記憶を紐解いてみると、高間響氏がいうには「杉山は俺の作家としての意見を込めて書いたからね」とか言うてた気がする。
そういう、あれやね、思いを背負いこまされたから難しいと感じたのかしら。
どうかしら。
そうじゃないかしら。
どうかしら。
どうかしら。
まあ、伊藤さん、意外や意外、難しい役なので、油断せずにかかってくださいね!
[PR]
by waraino-naikaku | 2012-08-30 11:11

今更東京の観光ばなし

a0076161_131888.jpg




すみません聖羅です。

高間さんにせっつかれたので中華街に行った話します。




麻理姐さんとユミさんと三人で昼間に横浜中華街へ。
天候はあいにくの雨。
傘を持ってないユミちゃんはパンダ傘(500円)を購入。中華街に来てパンダ傘とかマジおのぼりさん1000%なスタイルを恥ずかしがり、中々買おうとしないので姐さんと私が押し付けたのは内緒。

しかしマジおのぼりさん1000%は、
麻理姐さんの方
だった。

パンダ傘+パンダネックストラップ+パンダショッピングバック…etc.を購入。可愛いは正義。

その上しっかりチャイナまで買ってたよ!すごいね!



Cモンさんと先輩にお土産を購入しつつ…

胡麻団子、中華食べ放題、マンゴープリン、ジャスミン茶、なんか不思議なかき氷等、沢山詰めるだけ詰め込んで

金魚グッズを買いあさり

夕方まで満喫しました。




とても楽しかったのですが…
皆さんお気をつけ下さい。
中華街には栗の押し売りがリアルに5mおきに存在します。楽しい観光はそれを押しのけて行かねばなりません。
[PR]
by waraino-naikaku | 2012-08-29 01:03 | 稽古場日記

名古屋公演1ステ目後。

a0076161_323442.jpg

初演に参加して、東京公演は参加できず、名古屋にて二年振りに「のるて」に復帰。無事1ステ目を終えましたら。

へーぃ、らっしゃい、Cモンこと嵯峨シモンですよ☆イカリングお待ち!


これを書いてるのは1ステ目が終わっての深夜。
1ステ目の前は、休憩時間を利用して、津川先生を演じた田中君と百瀬先生を演じた谷脇君と三人で会場ナンジャーレ近くの銭湯で湯に浸かり、身体をリラックスさせてテルマエ・ロマエのローマ人の気分を実感して、さぁ!さぁ!さぁ!と本番!名古屋公演開幕!

湯に浸かるというのは身体にとって、やはり睡眠に勝るとも劣らぬ行為で、いや、覚醒している人間にとって、本当に好きな食事を堪能している時と身体に合う水質の入浴を堪能しているのは全くもって等価であろうな、と実感しながら迎えた名古屋公演1ステ目。

ぶっちゃけね、アタシゃガクブルで緊張しとりましたがな。
だって乗り打ち(京都をハネ発ちで迎える本番)ですぜ。まして、「のるて」に出演するのは二年振りやで!そりゃぁ、緊張しまんがな旦那ぐえっへっへっへぇ。


でも現場の雰囲気も良く、湯に浸かった功も奏し、で。

会場三階にあるボクシングジムの会員さん並みに汗をかいたんじゃなかろうか、というくらいに暑い(熱い)ステージを終え、無事に笑顔でカーテンコールを迎えられましたよ。


開場前の返し稽古の時。
Mコバちゃんこと小林まゆみちゃんが、

「♪…忘れてよ、ベィビー、そしてー俺を抱いて…」

と何か聴き覚えのある歌を口ずさんでて、

「ん?何の歌?」

と訊くと、

「あれ?シモンさん、知りません?」

ともう一回くちずさみ…、

何故かリピートできる自分。

あ!B'zの『My sad Love』やん!

歌えるがな!
『7th Blues』は青春時代だったよ!

共演者が歌っている曲が知っている曲だと、不思議と合唱が始まります。
だってリンクしたいもん。役者にとって、必要なのは、キャラクター上の同調と反目。同じ公演を行う人間として必要なのはリズムの統一。


ありがとよ、ふと思い出した歌は気持ちをスッキリさせてくれるぜ。



1ステ目後、ご支援頂いた皆様との飲み会へ合流。

貴重な話をたくさん聞かせて頂く。

「のるて」に関しては、所謂アフターで、本当に貴重な見識をたくさん頂けている、と改めて思う。


二年前の吉田寮での初演を見て頂いている方に、

「前回見た時も今回も、ホントに警察官僚の方か!?もしくは武道か何かやってらっしゃってるのかな!?と思いました」

と言われたのはホントに光栄な話で。
後者ですよ。アタシの貯金の大部分は武道の修練によるものです。あとは役者としてのキャラ作りですが。
この稽古場日記にも書いたとおり空手愛好家(最近トンファー好き)でございまして。



改めて、有難うございます☆

てわけで。



名古屋公演、初演の吉田寮公演並みに汗をかきつつ頑張っとります☆

名古屋公演を見に来て下さった皆様、いいご縁を紡げたこと、本当に感謝です。残りの名古屋公演のステージを見に来られる皆様にも、セイム!


じゃあまたね☆
[PR]
by waraino-naikaku | 2012-08-26 03:23 | 稽古場日記

我が名は異星人、レオ。

a0076161_1539714.jpg

やっはーぃ、我々笑の内閣名古屋公演出演者第一陣は、昨日8月24日の夕方から稽古をして夜22時過ぎに京都を車で発ち、深夜一時くらいに名古屋入り!

へーぃ、らっしゃい、Cモンこと嵯峨シモンですよ☆イカリングお待ち!!

昨夜は名古屋に着いてみれば既に会場近くの飲食店はほぼクローズしてる状態。
アタシは宿泊するホテルの近くにすき家を発見!…なれど、名古屋まで来てまずすき家かい!京都の自宅から自転車で十分の圏内に二軒もあるがな!(千本中立売と烏丸丸太町)
てわけで、まずはホテルへチェックイン。
部屋へ荷物を置いて、付近を散策…。
ついでにケータイの「サントリーBARナビ」でGPS機能で付近のバーを検索するも…、何と検索結果0軒!!
嘘やん!?名古屋駅近辺はバーが無いのか!?
世界の山ちゃんや風来坊や昭和食堂はあるのに!
ついでに、外国語訛りのキレイなお姉さんから「マッサージどうデスカー?」とも話しかけられ、「んがぐっぐっ」と戸惑いかけるも適度にあしらい(エロは好きですが風俗は行ったこと無いのですだ)、結局、ホテル近くのサークルKに浜田麻里リターン・トゥ・マイセルフ。

この短くも慌ただしく、しかもあまり詳しくない名古屋という土地で何か名物メシを食うには!?

と思案を巡らしていて、あだしゃ見づけたのだ(大山倍達総裁風)。


おぉ!!台湾ラーメン!!(インスタント)


ひつまぶしにも味噌カツにも天むすにも興味がないアタシ的にゃ、台湾ラーメンはすごく当たり!

買ったよ!
寿がきやの台湾ラーメン買ったよ!

ホテルの部屋でお湯を沸かして頂いた台湾ラーメンは辛くてすごく美味かったよ!

あとは風来坊の手羽先を食ったらきっと名物メシ的には満足さ!

そして六缶買ったお酒のうちの三缶を空けて、アタシゃ爆睡。


朝は素晴らしき世界旅行のオープニングの如き爽やかな目覚めで会場入り!

さぁ、本当にあった怖い葉梨さんの話、って感じで三時間半後には名古屋公演も開幕だぜ!!

北名古屋市の桂川さん、三重県の森さん、待ってるぜ!(勧誘!)


じゃあ、またね☆
[PR]
by waraino-naikaku | 2012-08-25 15:39 | 稽古場日記

♪ 行った事ない街 ♪ まだ通った事ない道 ♪ 聴いた事ないビート ♪ そして会った事ない人々・・・

明日から名古屋ですが、その前に東京での忘れられない夜について書いておきます。

ユラです。

終演後、僕らは TOKYO TRIBE 最大の聖地 “シヴヤ” センター街のとある店で、ウェイターにシカトされるくらいジャスミン茶をガボガボおかわりし続けながら、今回の反省と今後について、赤くて青い時間がやってくるまで夜通し話し込んでいました。

信じられないことですが、下世話な方向に流れず最後までまじめに。(口蓋垂と聞いただけで少女のように照れてしまう僕が証言するのだから確かです)

疲れと眠気のせいでしょうか、なんだか青春ドラマの一コマに迷い込んだような、フワフワした浮遊感に満ちた不思議な夜でした。

内閣はいつも顔ぶれが違うので新鮮な刺激が尽きないのですが、今回みたいに人数が多いと一つにまとまるのは大変です。

それが裏目に出たのか、東京ではいろいろと悔いを残してしまいました。
満足な意思統一も出来ないまま、なんとなくやってきたツケがまわってきたということでしょう。

結局のところ僕らは何をしに来たのだろうか?
2年前から抱いていた懸念をいまだに払拭できません。

とは言え、たとえ分が悪くとも、そろそろ勝負に出なければいけません。
結果がどうであれ、この公演が、参加してくれた皆様のこれからにつながる良い機会になるように願っています。
[PR]
by waraino-naikaku | 2012-08-24 11:21

とうきょうのおもひでとなごやにむけて

どうも、こんにちは。
暑い夏が続いておりますね、稽古場のアリエッティこと鈴木ちひろです。

東京公演、無事終演しました!
ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました!
東京のアゴラという素晴らしい舞台に立てたことは自分にとって良い経験になりました。
少しでも多くの方に充実した時間を提供できていたら、嬉しい限りです。
反省点ばっかりではあったんですが…。


と、いうことで、東京公演の思い出なんかを書いていこうかなと思います。
まず、小屋に舞台と楽屋をつなぐ奈落がありました!
「すっげえ!初めて見たー!」と、テンションが上がっていたら、劇場の方が、「仕込中とか、たまに落ちる方がいるので本当に気をつけてくださいね。」とサラリと言っていらっしゃって、がくぶるがくぶる。
出番待機中は楽屋で他の待機中の演者さんとまったり出来たのがすごくいい思い出になってます。


あと、受付手伝いに私の小学校時代からの友達がきてくれました。
宿まで貸してくれて、私の東京公演のバックアップは彼女のおかげと行っても過言ではないと思います。
しかも、ツレウヨDVDまでちゃっかり買っていくし……。


そして、2ステに地元福島から両親が観劇に来ました。
自分の演技を見せるのは母が高校演劇以来、父が初めて、ということで、異常なまでの緊張。
足は震えるし、緊張による慢性胃痛が出るしで、いつも以上に気が引き締まり、それがいい方向に行かせたような気がします。


東京はこんな感じでした!
始まりは噛み噛みでどうしようもないスタートを切ってしまったのが悔やまれますが、経験をばねにしたいです。



東京公演おわって、その足で実家の福島県いわき市に帰省したら涼しいのなんのって。
室温26~28度とか…驚愕しました。
扇風機すら出してないって…おいおい。




名古屋に向けての稽古も大詰めです。
最近は稽古場で「おなかすいたー」と言っては聖羅さんと柾木さんにお菓子をいただいてます。
食べ物くれる方には無条件でなつきます。
まあ…そのせいで東京公演の後の体重が人生初の大台に乗ったわけなのですが。
お腹がすくと集中力と元気とパフォーマンスが30%程度になりますので、常にえさをあたえてください。

そんなわけで、名古屋で美味しいものに出会いたい、鈴木でした。


あ。
東京でもんじゃ食べるの忘れてた…。
[PR]
by waraino-naikaku | 2012-08-23 02:47 | 稽古場日記

名古屋公演に向けて

a0076161_22472067.jpg

眞野です
私は、家が裕福で貧困とは無縁な
育ち方をしてきました

そして二十歳を過ぎた時



『自分は本当に生きているのか』



頭の中にその言葉が
響き

絶え間無く
繰り返し 繰り返し

私に問いかけてきました


そして

着の身着のまま
私は家から歩き出しました


七日間、山中を歩き続けました
もう、頭の言葉は、ざれ言と化し

空腹と乾き
睡眠と安心を求める事しかありませんでした。


草を食み…虫を喰らい…

もう何回
太陽が昇り…そして暮れたのか
気にしなく
いや…関係なくなった私は、荒みきっていました

人の物を奪うのは、いけないこと
だから草を食った虫を喰らった

そんなのは
ざれ言


生きるため
私は、盗み!奪った!
その日の糧を獲る

その日?

日など関係ない
歩き獲るため…獲るため歩き獲るため歩き獲る……………










なぜ………………自分は歩きだしたのか?


最期の言葉が頭をよぎった

私は地面を見ていた


近い…



地面を顔に押し付けられた…


違う


倒れたんだ

眠りたいから

違う

休みたいから

違う


いや


終わりがきたのだ






嫌だ…


嫌だ






嫌だいや嫌だ 
嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ
嫌だ


だけど



私は、立てなかった












『大丈夫ですか?』





頭の言葉?







影も形もすら人でなくなった
私に



問いかけ?







首を曲がるだけ

曲げて

地面から

上を見た



それが


ナンジャーレ
との出逢い


うー…うー…

こんな
私を心配してくれた






嬉しい




嬉しい



だが

荒んだ私は、反射的には歓喜の反応は出来なかった


人は、なんでも遠ざかると
遠ざった分、疎くなるのだ


私は、素直さ

優しさへの素直さを
無くしていたのだ


うーうー


ナンジャーレは、構わず私の身体を起こし
ナンジャーレの家に私を運んだ


ナンジャーレは、カボチャと牛の乳のスープを私に飲ませてくれた


あたたかい


あたたかい

あたたかい
あたたかい



あたたかい
あたたかいあたたかいあたたかいあたたかいあたたかいあたたかいあたたかいあたたかい


満ちた


私は
生きている

意味が説明…いや……なんだ言葉に出来ないが


私は、生きている

生きているんだ!!!!


こんな当たり前に
なぜ
私は、気づけなかった
なぜ気づけなかった…


私の身体が落ち着いた頃に
ナンジャーレは
読み書きの出来ない私に字を教えてくれた


花の名前を教えてくれた










だが


私は、ナンジャーレの家を離れた


ナンジャーレの事を考えたら当然だ



私なんかがナンジャーレの側には居られない

ナンジャーレを必要な人はまだまだ沢山いる
















四っつ
春が来た頃
私は、溶接工の仕事をしていた


ナンジャーレの事は
風のウワサで聴いた


ナンジャーレ
ナンジャーレ
ナンジャーレ
[PR]
by waraino-naikaku | 2012-08-22 22:47 | 稽古場日記